おれ、Unity2Dでゲーム作るんだ。

Unity2Dをメインに、覚書などを記事にしていきます。

Unityは手動アクティベートしないほうがいい

結論から書いておきますと、Unityでライセンス認証する際は、

 Unityを直接(Unity Hubを使わず)起動して、
 ライセンス認証をオンラインで行うのが吉。

Unity Hubのライセンス認証は避ける

です。

Unityのライセンスをもっていると、2台まで利用するPCを登録できます。 ただ、PCを変更するような場合には、ライセンスの返却をしないと別のマシンでアクティベートできません。 このライセンスの返却ですが、

[手動での認証]を行うと、

ユーザーの操作でライセンスの返却ができなくなる

のです。 これはUnityライセンス管理の仕様らしいので、手動アクティベートした場合は、 ユーザーサポートに問い合わせて、リセットして貰う必要がでてきます。

Unity Hubのトラップ

f:id:xev:20200514123250p:plain
ライセンス認証画面

Unity Hubには[新規ライセンスの認証][手動での認証]というものがあり、 なぜか、私の環境では正しいシリアルコードを入れても新規ライセンス認証が通らない。

で、手動で認証する(ライセンスキーのファイルを作成したりする)と無事認証。

※でも、この時点でライセンスの返却が出来なくなる

という流れのトラップです。

ということで、ライセンス認証は、Unityを起動させて直接Unityから行いましょう。

Unity Hubはプロジェクト管理、Unityの複数バージョン管理などに優れていて、 それは別に便利なんですけどね、ライセンス管理をここでやると面倒くさいことになります。